マスカラ情報サイト toppage > menu > マスカラの使い方 > 一重や奥二重の人が注意したいマスカラの綺麗な使い方について
マスカラの使い方

一重や奥二重の人が注意したいマスカラの綺麗な使い方について

パンダのイラスト一重や奥二重の目の方はマスカラの塗り方に注意が必要になり、またマスカラが落ちやすいことがあります。
マスカラが落ちてパンダ目になるのは避けたいことですね。
一日中、綺麗な状態を保つ為にも塗り方も工夫するようにしましょう。

一重や奥二重の目の方はまぶたに厚みがある場合が多く、下に向かって生えているので、メイクや汗にマスカラが混じってしまいマスカラが落ちてしまいがちなのです。
こうした目のタイプの方はまつ毛をしっかり上げた状態でマスカラを塗るようにすると、まつ毛が下がってこないので、汗や油と混じるのを防げるのです。
綺麗に塗る方法は、まずビューラーでしっかりとまつ毛をカールさせることがポイントです。
ビューラーを使用してもすぐにまつ毛が下がってしまうと言う方は、ビューラーを少しドライヤーの熱温めるとキープ力がアップするのです。

落ちにくいマスカラを選ぶことは良いのですが、油には弱いので、どうしてもファンデーションなどの油分によってマスカラが落ちてしまうのです。
もっとも一重や奥二重の目の方はマスカラが落ちやすい目元なので、もしウォータープルーフタイプのマスカラを使った場合には、最後に透明のマスカラでコーティングすると良いでしょう。
コーティングすると発色が良くなるばかりでなく、マスカラの持ちが良くなるので、パンダ目になる心配がなくなります。
夕方までしっかりキープ出来ますから、マスカラが落ちる悩みが解消していくのです。

仕上げに目のまわりにパウダーを塗ることもオススメです。
プレストパウダーを目の下にはたいておくことによって、目のまわりの皮脂が吸着出来るようになるので、よりパンダ目の不安を解消してくれるのです。
またマスカラはフィルムタイプのものが良いでしょう。フィルムによってまつ毛がコーティングできますし、皮脂や汗に強いものが増えています。
パンダ目予防としてウォータプルーフのものを使いたくなりますが、一重や奥二重の目の方はこのタイプでも意外と落ちてしまうことがあるのです。

一重や奥二重の目の方もこのようなアイテムを選んで上手に塗ると一日中綺麗なまつ毛がキープ出来ますから、自分の目のタイプに合わせて塗り方やアイテムも考えましょう。

このページの先頭に行く