マスカラ情報サイト toppage > menu > マスカラの使い方 > 塗り方一つでもっと美人になれる?正しい使い方とは
マスカラの使い方

塗り方一つでもっと美人になれる?正しい使い方とは

ビューラーのイラストやっと自分に合ったマスカラが手に入ったとしても、綺麗に塗れていなければ台無しになります。
マスカラにも正しい塗り方が存在しますから自己流ではなく正しい方法で、綺麗に仕上げるようにしましょう。

まずマスカラの前に必ずビューラーを使用しましょう。
ビューラは一回押すのではなく、まつ毛の根元にあてた状態で3回は握るようにしましょう。
これによりしっかりとまつ毛にクセがつくのです。
クセがつくとマスカラが塗りやすくなちます。
根元のビューラが終わったら、少し手前にずらしてもう一回握りましょう。
すると綺麗なアーチ状にまつ毛が変化するのでくるんと上向きになるのです。
ビューラーが終わったら今度はマスカラと言いたいところですが、カールの持ちを良くさせたり、まつ毛のボリュームをアップさせるマスカラ下地を塗るようにしましょう。
下地は透明や白色のものが多く、目立たないようになっています。
マスカラ下地を塗るとマスカラで仕上げた時の発色が全然違うのです。

下地を綺麗に塗って乾燥させたらいよいよマスカラを塗りましょう。
まずはスクリューブラシでまつ毛をとかして整えます。
マスカラがダマにならないようにマスカラの液だまりはティッシュで落としておきましょう。
上のまつげの中央からマスカラを塗るのですが、根本にブラシをいれてから左右に少しずらして揺らし、毛先までゆっくり引き抜くような感じで行いましょう。
中央が濡れたら今度は目頭、目じりの順番にて、マスカラを塗ります。
この時はブラシを少したて方向にして根本から外側へと引き抜くような感じで塗っていきます。

マスカラは重ね付けをするとより目元が印象的になりますので、再度ブラシを縦方向にして丁寧に塗っていきましょう。
下まつ毛は根元部分から放射状に伸ばし塗ります。
目元をより大きく見せたいと言う方は下まつ毛の中央を二度塗りすると効果的です。
ボリュームが出るようになるので、マスカラの存在感が際立つのです。
下まつ毛はうっかりマスカラが皮膚についてしまうことがありますので、苦手な方は下まつ毛の下にティッシュを当てて丁寧に塗りましょう。

マスカラはこのように、塗り方によってずいぶん仕上がりが違うのです。
マスカラを横に寝かせたり縦にしたりと上手に操りながら丁寧に塗っていくとより綺麗に見えますので、正しい方法を練習してみましょう。

このページの先頭に行く