マスカラ情報サイト toppage > menu > マスカラの使い方 > マスカラでケバくなる人は要注意?適切な塗り方を学ぼう
マスカラの使い方

マスカラでケバくなる人は要注意?適切な塗り方を学ぼう

厚化粧の女性のイラストマスカラを使用してお化粧が終わった時の顔を見てケバくなったと感じたことはありませんか?
マスカラは塗りたくれば良いと言うものではありません。
綺麗に塗らなければただまつ毛がぼってりと厚くなるだけで、美人のまつ毛にはなりません。
適切な塗り方をマスターしましょう。

マスカラの前の注意点ですが、アイラインを引く人は必ずマスカラを塗る前に済ませておきましょう。
マスカラを付けた後にまぶたのメイクやアイラインをすることは大変難しいのです。
せっかく塗ったマスカラがまぶたについてしまって、メイクが台無しになることがあるので、順番は必ず守りましょう。
マスカラの基本は上のまつ毛から塗ることです。
まつ毛の根元部分から毛先に向かって毛流れに沿って塗っていきます。
テクニックとしてはマスカラを左右に微妙に動かしながら塗るのがうまい塗り方です。
左右に動かすことによって、まつ毛に密着しやすくなります。
イメージとしてはまつ毛が放射状になるように仕上げましょう。
下まつ毛については上まつ毛が乾いてから行います。
二段階に分けて塗ると綺麗に仕上がります。
一回目はマスカラを縦に持って目尻から目頭にかけて滑らせていき、毛先に付けるようにしましょう。
二回目はマスカラを横にして付け根から下の方に伸ばすように塗っていきましょう。
二回目を塗り終わるとマスカラが綺麗に塗れているのが分かるでしょう。

マスカラは乾いていない状態でヘタに目を動かしたり次の作業に入ると、思わぬところにマスカラが付いてしまうことがあります。
マスカラが付いてしまうと落とすのも厄介ですし、朝の忙しい時間のメイクは時短が勝負です。
上手に乾かしながらさっと完了出来るように練習しておきましょう。
まつ毛を盛ろうとして、マスカラをつけすぎてしまうとダマの原因になります。
ダマとは、まつ毛の先端にマスカラの丸い塊がくっついてしまうことなのですが、ダマになってしまうと見栄えも悪く仕上がりが悪くなってしまうのです。
目元のメイクは大事ですが、派手になりすぎないように仕上げるのがコツなのです。

ケバいお化粧にならないようにマスカラはコツをつかんで綺麗にさっと塗るようにしましょう。
ただ厚くすれば良いのではなく、均等にすることに心がけて塗りましょう。

このページの先頭に行く