マスカラ情報サイト toppage > menu > マスカラのタイプ > 敏感肌の人は活用すべき?肌にやさしいタイプのマスカラの特長
マスカラのタイプ

敏感肌の人は活用すべき?肌にやさしいタイプのマスカラの特長

敏感肌の女性のイラスト敏感肌の方はマスカラ選びも重要です。
マスカラは目の根元にも付きますから、肌の弱い方やアレルギーを持っている方は選ぶときも慎重に行うようにしましょう。
注意しなければまつ毛の根元が痒くなることがあるのです。

敏感肌だからと言ってメイクやマスカラを諦める必要性はありません。
敏感肌の人に特化したマスカラも多数出ているのです。
まず一つのポイントとして必ず低刺激のマスカラを選ぶことです。
低刺激のものは他の基礎化粧品でもありますが、刺激が少ないので目元が腫れたり痒くなることを防げます。
またパンダ目にならないようにウォータプルーフのタイプを選びたくなりますが、敏感肌の人はなるべく避けるようにしましょう。
中にはウォータプルーフの中でも無添加や防腐剤フリーのものもあります。
出来れば成分を確認して肌に優しい自然のものを選ぶと良いですね。

先述したウォータプルーフのタイプはどうしてもマスカラをオフする時に目や目元に負担がかかります。
落ちにくい設計になってい分いざ落そうとした時に大変なこともあるので、敏感肌の人は避けるべきですね。
お湯で落とせるフィルムタイプのマスカラを選ぶとさっと落とせますし負担も少ないのです。
フィルムタイプのものでも、汗や水に強いものはありますからマスカラが落ちるのが気になると言う方はそちらを選んでみても良いですね。

目の周りの皮膚は薄く敏感になっています。
一度痒くなってしまうと、目をこすってパンダ目になったり、ひどい状態になるとマスカラを諦めてしまいがちですね。
マスカラの中でも美容液成分が入っているものや、自然の素材で出来ているものが増えていますから、そのような表示を確認して購入するようにしましょう。
マスカラの中に合成ポリマーが使われているものがフィルムタイプに含まれます。
例えばアクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム、アクリレーツコポリマー、アクリレーツコポリマーアンモニウムなどです。
フィルムタイプのマスカラは目に対する刺激も少ないので活用している人が増えているのです。

肌が敏感な方やアレルギーをお持ちの方は、マスカラのパッチテストも行いましょう。
少量を肌につけて試してみると刺激がないかどうかが確認出来ます。
また低刺激のものを選んで使いましょう。

このページの先頭に行く